日経平均株価波動分析 2022.10.04

PR

10月4日の日経平均は26994まで反発。

26223までの反発で、チャネル上限(アッパーライン)はわずかに超えた。このまま明日にでも26458(9月29日の高値)を超えれば、下落よりも上昇のほうがスピードが出ていることになり、トレンドが転換した可能性が出てくる。

日経平均株価波動分析 2022.10.03

と昨日の記事に書いたように、下降チャネルを抜け出たことで上昇に弾みがついた格好となった。ひとまず9月13日からの下落は落ち着いたようである。この下落は(c)波と見られ、11.5日を消費した。

タイトルとURLをコピーしました